屋久島で馬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋久島初のアースバック構法の家

<<   作成日時 : 2017/02/17 19:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


この写真は14日朝、尾之間温泉に行った時に撮ったものですが、麓ではヒカンザクラがそろそろ見頃を終えますが、山には雪が見えてました。
山間部は真冬。麓は初春といった陽気でした。

拡大すると桜の花の隙間から山に降った雪が残っているのが見えます。
画像




我が家では蓮華草が咲いてミツバチ🐝も飛んで来ていました。
画像







その日の午後、今年は鯨の目撃情報が多く南の島の素人大工さんも自宅から4回も見たというので見に行きましたが、その前に隣で建築中のアースバック構法で家を作っているのを見に行きました。
去年の12月にも見に行ったのですが、その時は作り始めで下水の配管と資材置き場を作り始めた所でしたが、約2ヶ月ぶりに行くと外壁は完成まじかのようでした。

入り口にあった看板です
画像









入り口から見たアースバックの家
赤い上着を着ているのが施主のKさんです。
初めて訪問した時に、Kさんの乗っている車が同郷ナンバーだったので聞いてビックリ
なんと埼玉の我が家の隣町、車で20分ぐらいの地域の人でした。
広い様で狭いのが世の中だな〜とつくづく思いました。
画像






こちらは入り口
画像











中には木の梁が見えました。梁の上はロフトなる様です
画像







画像






この建物の外壁は筒状の袋の中に、砂、砂利、セメントを混ぜた物を入れて積み上げて作られています。

これが筒状の袋です。
画像




陶芸の粘土を積み上げた様な、なんとも不思議な家作りですが、住み心地はどうなんでしょうか?
画像




目的の鯨は風で波が高く残念ながら見る事が出来ませんでした。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
屋久島初のアースバック構法の家 屋久島で馬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる